« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月20日 (月)

かんぽと簡保の保険法

表題の「かんぽ」は「かんぽ生命保険株式会社」のことであり、「簡保」は「簡易生命保険」のことである。ただし、「かんぽ生命保険株式会社」が売っているのは「簡易生命保険」ではない。

「簡易生命保険」と「生命保険」は別のものだ。前者は郵政民営化前まで国(郵政省、総務省、あるいは日本郵政公社)が郵便局で販売していたもので、後者は保険業法上の生命保険会社が郵便局を代理店として販売するものである。「かんぽ生命保険株式会社」は日本生命や第一生命などと同じく、保険業法上の生命保険会社にすぎない。したがってかんぽ生命保険株式会社が販売する生命保険は、日本生命や第一生命のそれと法的な違いはない。ただしかんぽ生命保険株式会社の株式は、持株会社を通じて、国が100%所有している。

さて、以上の説明で違いがお分かりいただけたであろうか?

このようなことをくどくどと述べたのは、「保険法解説」(有斐閣2010)の中に引っかかる記述があったからだ。ちょっと長いが以下に引用する。(p138脚注13)

郵政民営化の前に販売されていた簡易生命保険は、国が保険者となる生命保険であるが、営利を目的とせず、相互保険でもないことから、改正前商法673条以下の規定は適用も準用もなく、簡易生命保険法によって自足的に規律されると解されていた。ところが、保険法は、狭義の保険契約にとどまらず、保険契約としての実質を有するすべての契約に適用されるものとされており、しかも、一定の規定は保険法施行前に締結された生命保険契約にも適用される(保険法附則4条)ことから、郵政民営化前に締結された簡易生命保険契約(以下「旧簡易生命保険契約」という)にも保険法の適用があるのかが問題となる。規定の文言だけをみれば、旧簡易生命保険契約にも保険法の適用があるかのごとくであるが、旧簡易生命保険契約は郵政民営化後も経過措置として簡易生命保険法の規律を受けるものとされている(「郵政民営化法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」附則16条)ことからすると、旧簡易生命保険契約は、保険法施行後も簡易生命保険法によって自足的に規律され、保険法の適用はないと考えるべきなのであろう。

要するに「簡易保険は保険法の適用はない」と言っているのだが、これはどうかと思う。

保険法第2条第1号では、保険契約を次のように定義している。

保険契約 保険契約、共済契約その他いかなる名称であるかを問わず、当事者の一方が一定の事由が生じたことを条件として財産上の給付(生命保険契約及び傷害疾病定額保険契約にあっては、金銭の支払に限る。以下「保険給付」という。)を行うことを約し、相手方がこれに対して当該一定の事由の発生の可能性に応じたものとして保険料(共済掛金を含む。以下同じ。)を支払うことを約する契約をいう。

今回の保険法改正の検討の当初から、「共済契約を保険法の適用対象とするかどうか」が論点として挙げられていた。というのも、従来の保険法(商法の一部として規定されていた)においては、共済は対象外とされていたからだ。(これは旧保険法が商法の一部であったため、商行為ではない共済に適用しようがなかった、という事情もある。)

結果的には新しい保険法では「保険契約、共済契約その他いかなる名称であるかを問わず」という断り書きを入れてまで、共済を対象とする旨を明確にすることとなった。つまり、新保険法の理念は「(消費者から見て)『保険のようなもの』を一括して扱おう」という考えに立っているのだ。

だとすると、簡易保険も『保険のようなもの』として新保険法の適用下にあるというのが自然な解釈に思われる。

簡易保険に保険法の適用がないという解釈は、冒頭のようなややこしい違いを消費者が前提として認識しなければならない、ということであり、消費者目線を旨とした今回の保険法改正の趣旨を大いに損なう杓子定規な解釈だと感じられてならない。

なお、今回は読んでいる途中でどうしても引っかかったのでケチをつける格好になったが、「保険法解説」自体はとても興味深く読める本である。900ページ以上もある本なのでまだ読了はしていないが、保険法の面白そうなトピックについては今後も挙げていきたい。

2010年9月12日 (日)

「もしドラえもんの「ひみつ道具」が実現したら」

もしドラえもんの「ひみつ道具」が実現したら ― タイトルそのままの本である。

似たコンセプトの書物は、今までもあった。ただそれらは、ひみつ道具が「技術的に可能かどうか」について述べたものが多かったと思う。この本は、「可能かどうかはともかく、実現したら社会がどう変わるか」を扱ったところが新しい。

この中には、10の「ひみつ道具」が出てくる。

  • タケコプター
  • ガールフレンドカタログメーカー
  • フエール銀行
  • アンキパン
  • カラオケメイツ
  • ほん訳こんにゃく
  • お医者さんカバン
  • ガリバートンネル
  • カッカホカホカ
  • どこでもドア

ここで違和感を持たれる方もいるだろう。「タケコプター」や「どこでもドア」はいいとして、「ガールフレンドカタログメーカー」や「カッカホカホカ」は、ひみつ道具としてはマイナーではないだろうか。もっとメジャーなものがあるのに。例えば「きせかえカメラ」が実現したら、こういうことになりそうだ… 「タイムふろしき」が実現したら、というのもいろいろ考えられそうだし…

また、中の道具の取り上げ方も、読んでいていろいろ気づいてくるところがある。私の場合はやはり保険に関する言及に関しては気になる。

例えばタケコプターの章では、タケコプターによる事故の急増によって生命保険が大きな影響を受ける、とされているが、そんなことはないだろう。そもそも死因のうち「不慮の事故」によるものは多くない(厚生労働省の平成21年人口動態統計によれば、20~59歳の死亡のうち、不慮の事故によるものは6.2%)。
ただし、損害保険のほうは影響が大きいかもしれない。「タケコプター保険」が今の自動車保険のような位置づけになるのなら、市場規模は相当なものになる。でもタケコプターのイメージは「気軽な乗り物」だから、自転車のほうがイメージが近いかもしれない。自転車保険は収支がよくないので損保会社はあまり販売に積極的でないと聞いたが…

本書の中では言及がないものの、生保に影響が大きいのは「お医者さんカバン」ではないか。いま入院が必要な病気のうち、「お医者さんカバン」の登場でカバーできるのはどれくらいだろうか。短期の入院というのは、ひょっとするとなくなるかもしれない。そうすると、短期入院保障の充実にシフトしてきた最近の状況とはまったく逆になってしまうのかも…

といったことを考え始めたら、おそらく著者の意図に見事にハマっている。著者は最後にこう述べている。

古語で「ゆかし」という言葉があります。「見たい」「聞きたい」「知りたい」といった「好奇心」を表す言葉です。…

この本は、「ゆかし」の精神を刺激します。実際にドラえもんのひみつ道具がいま、この世の中に実現したら、何が起きるのだろうか―読者のみなさんの好奇心と想像力を掻き立てることができたなら、とても嬉しく思います。

そう。好奇心と想像力を掻き立てられてしまったのだ。

この本は、「ふむふむ」とうなずきながら読むというより、「自分だったらどう考えるだろう」「違うひみつ道具だったらどんなことが考えられるだろう」と想像を膨らませながら読むのがいいように思う。自分の頭の奥底にある発想を目の前に取り出してくれる、「発想の四次元ポケット」のような本である。

2010年9月 5日 (日)

Kindleで何ができるか

Kindle 3が発売された。Kindle 3はこれまで対応していなかった日本語に対応したと言われており、しかも安くなった(なんとその上、円高になっている)ので、今回購入した人も多いようだ。また、まだiPadとどちらを買えばいいか迷っている人もいるだろう。

そこで、Kindleでは何ができるか、何ができないかをまとめてみる。前回のエントリも参照していただきたい。

まずは不満から。

  • 日本語の本がほとんど買えない。
    Kindle 3が日本語対応したというのは、「日本語が表示されるようになった」という程度のことだと考えてほしい。現時点で、日本の出版社で電子書籍に対応しているところはほとんどない。ただし、Kindle Storeにはわずかながら日本語の書籍がある。
  • ウェブサイトが見られない。
    Kindleにはブラウザが入っている。が、ブラウザを使うには、メニューの"Experimental"というところからアクセスすることになる。つまりまだ実験的な機能にすぎないのだ。表示は遅いし、そもそも白黒である。到底ブラウザとしてまっとうに使えるレベルではない、というのが私の感想である。
  • 検索がたいへん。
    私の持っているのはKindle DXなのでKindle 3はちょっと違うかもしれないのだが、Kindleのキーボードは小さくて打ちにくい。しかも数字を入力するのがSymキーを押しながら入力する形なので、「○ページにジャンプ」といったことも非常にやりにくい。

さて、ではKindleはどう使えばいいだろうか。「持ち運びしやすく、読みやすいPDFビューワー」というのが私の今のところの答えである。純粋に本を読むためのものとして考えるなら、Kindleに使われているEインクはとても優秀な技術だと思う。それに、前回のエントリでも書いたとおり、軽い。雑誌程度の重さ、と表現するのが適当だろうか。

スキャンした本を読むなら、Kindleはとてもいい。スキャンしたPDFの微調整ができるChainLPというソフトもあるそうだ。Kindle DXだと新書や文庫をスキャンしたときには字がかなり拡大されるので、揺れる電車の中でもかなり読みやすくなるということに気づいた。

最近、青空キンドルというのを発見した。青空文庫のテキストをPDFに変換するもので、ちゃんと縦書きになっている。ブックマークレットを使えば、青空文庫の読みたい文書のページを開いてポチっと押せば一丁上がりだ。

ということで、やはりおすすめできるのは「自炊したPDFがたくさんある人」ということになるだろうか。iPadかKindleか、という点に関して、レビュー記事の中には「読書好きならKindle、雑誌やガジェット好きならiPad」と書いているものもあるが、たぶんそれは違う。「読書しかするつもりがなければKindle、それ以外はiPad」というのが私の理解だ。とにかく、安いiPadのつもりでKindleを買うと絶対に失敗することだけは間違いない。

補足:Kindle DXを買ってからしばらくしてレザーカバーを買ったのだが、これは失敗だった。重くなりすぎる。普通のKindleなら本体がもっと小さくて軽いのでカバーをつけても大丈夫かもしれないが、Kindle DXではおすすめできない。ということで、目下の私の悩みは「いかに傷をつけることなくKindle DXを持ち歩くか」である。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック