« 生保系損保 | トップページ | 破綻生保の行方 »

2011年1月22日 (土)

「リーマン・ショック・コンフィデンシャル」

リーマン・ブラザーズ破綻に始まる、2008年の金融危機。その時、誰が、何を考え、どのように行動したのかについての、ニューヨーク・タイムズの記者によるノンフィクション。上下2巻構成だが、上巻はリーマンとAIGに主にスポットが当たり、下巻ではリーマン破綻後の金融システム崩壊をどう防ぐか、政府関係者と主要金融機関トップの行動が中心となって描かれている。

こういった話では投資銀行の強欲と放蕩ぶりがひたすら描かれる、というのがお約束だ。この本にも何千万ドルもかけてオフィスの自室を改装する経営幹部の話などが出てくるが、そういった即物的な話よりも、会社をいくらで誰に売るか、どの会社と手を組むかのギリギリのやり取りが面白い。

本書にはモルガン・スタンレーに三菱UFJが資本提供をする話も出てくるのだが、それ以外には日本の金融機関の話はほとんど出てこない。MUFGからモルスタに話があったとき、モルスタCFOのコルム・ケラハーはこう思う。

キンドレッドの話では、三菱はすぐに動く準備をしているという。しかしケラハーは、驚くと同時に疑問も感じた。以前にも別の日本の銀行と仕事をした経験から、日本の銀行はつねに動きが遅く、リスクを嫌い、きわめて官僚的であるという評判どおりだと思っていたからだ。

最終的にはMUFGは驚くべき早さで決断し、90億ドルの資金提供を行った。日本の金融機関に対する見方も、これによって少しは変わったのだろうか。

これ以外に日本の話がほとんど出てこないのは、著者が著者だけに無理もないことかもしれないが、それ以上に存在感がなかったのが大統領である。金融システムの崩壊という世界的なシステミック・リスクを前にしていながら、アメリカ大統領が存在感がないというのは、いかに政権末期だったとは言え、とても奇妙に思えた。

金融システム崩壊の淵に立たされる巨大金融機関トップ、政府、中央銀行。上下巻合わせて784ページと大部だが、そのうちの4分の3の話が、わずか2ヶ月程度の出来事である。そのスピード感に引き込まれる作品だった。

« 生保系損保 | トップページ | 破綻生保の行方 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554939/50653569

この記事へのトラックバック一覧です: 「リーマン・ショック・コンフィデンシャル」:

« 生保系損保 | トップページ | 破綻生保の行方 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック