« 書評:ラストマネー | トップページ | なごり雪 »

2011年10月22日 (土)

東日本大震災での免責認めず?

何やら妙な判決が出ている。

東日本大震災によって震度5強の揺れが起こった地域のマンションで水漏れが発生したが、損害保険会社は地震免責を理由に支払いを拒否。マンション住民が裁判を起こし、損害保険会社が敗訴(支払いを命じられた)とのこと。

小林裁判官は「免責条項の地震とは、戦争や噴火などと同程度に巨大かつ異常な自然現象で、広範囲に同時多発的に大規模な災害が生ずる事態を予定した規定」 と指摘。今回は、マンションがある杉並区付近では最大でも震度5強程度だったとして、「免責条項の地震にはあたらない」と判断した。
(東京新聞)

さて、では「免責条項の地震」がどのように書かれているか確認してみようと思い、訴えられた東京海上日動のサイトから約款を見てみた。
(ただし、報道では訴訟の対象となった保険がはっきりしない。「個人財産総合保険」と思われるが販売停止になっていてサイト上で約款が見られないため、後継商品の「トータルアシスト住まいの保険」の約款を見ている。)

当社は、下表のいずれかに該当する事由によって生じた損害に対しては、保険金を支払いません。
(中略)
地震もしくは噴火またはこれらによる津波。(後略)

どこにも地震の規模に関する言及はないのだが…裁判官はなぜ勝手に条件を付け加えているのだろうか。

仮に裁判官の言うとおり「戦争や噴火などと同程度に巨大かつ異常な自然現象」としての地震しか免責できないとしても、東日本大震災はモロに当てはまるのではないだろうか。「(訴訟の起こった)その地域は震度5強で、巨大かつ異常とは言えない」というのは、同一の地震に関して「被害の大きかったところは免責にしていいから、被害の小さいところは払いなさい」と言っていることになる。

それは保障のあり方としておかしくないか?

そもそも震度5強が巨大じゃないという解釈もすごいと思うが、今後の動向が気になる判決である。

なお繰り返しになるが、以上は判決文を見ない状態で、報道だけに基づいて、かつ訴訟の対象となった保険商品の約款が明確でないままに書いている、という点にはご留意いただきたい。

« 書評:ラストマネー | トップページ | なごり雪 »

保険」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。いつも興味深く読ませていただいています。

記事とは関係ないコメントで恐縮なのですが、
http://www.nn.em-net.ne.jp/~s-iwk/2011-06-30/index.html
http://www.nn.em-net.ne.jp/~s-iwk/2011-11-24/index.html
http://www.nn.em-net.ne.jp/~s-iwk/2012-03-31/index.html
のHTMLでエラーが出ているようです。

kondoさん、
私のところでは見られるのですが(IE, Firefox, Safari, Chromeで見られました)、ブラウザは何をお使いでしょうか?

すみません。
ブラウザでの表示に問題はありませんが、http://validator.w3.org のチェックで1 Errorになっています。

kondoさん、
失礼しました。ソース修正しましたので、validになっていると思います。
ご指摘ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554939/53059037

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災での免責認めず?:

« 書評:ラストマネー | トップページ | なごり雪 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック