« Rによるアクチュアリーの統計分析(第2章) | トップページ | 受ける、とる、なる »

2012年2月26日 (日)

理事長賞、大館賞、理事長特別賞

アクチュアリー試験には、試験結果が優秀でかつ短期間に全科目合格した人に対しての表彰制度があります。「理事長賞」と「理事長特別賞」がそれです。

最短の場合、試験には2年で全科目合格できます。が、2年で合格する人はめったに聞いたことがないので、授賞基準は3年ぐらいでしょうか。

理事長賞は1974年にできました。その後、1978年に「大館賞」というものができました。アクチュアリー会100年史を見ると、大館賞は「生命保険文化研究所のご好意を受け」てできたとあるので、生命保険文化研究所がスポンサーだったということでしょう。

ちなみに大館賞というのは戦前から戦後にかけて活躍したアクチュアリーである大館義雄氏にちなむものです。大館氏は1930(昭和5)年に東京大学から日本生命に入社し、「日本アクチュアリー会が初めて試験制度を実施した際、其第1回の正会員試験の只一人の合格者であったのみならず、其答案は全科目満点で試験委員を唖然たらしめた」そうです。

生命保険文化研究所の解散にともない、大館賞は理事長特別賞と名前を変えて現在に至っています。

さてこの理事長賞・大館賞・理事長特別賞の受賞者を数えてみたら、2010年度までで71人が受賞しています。

理事長賞は上記のとおり1974年から授賞を始めていますが、1975年と1977年は受賞者がいません。以降は毎年受賞者がいます。

大館賞は1979年から受賞者がいますが、1993年まではずっと理事長賞と大館賞の同時受賞となっており、理事長賞と授賞対象者が異なるのは1994年からです(残念ながら、授賞基準がどのように異なるのかは知りません)。「リスクを知るための確率・統計入門」の著者、岩沢宏和氏も、1992年に理事長賞・大館賞を同時受賞されています。

最近の受賞者数は次のようになっています。

  • 2004年 理事長賞:1名、理事長特別賞:1名
  • 2005年 理事長賞:4名、理事長特別賞:該当なし
  • 2006年 理事長賞:1名、理事長特別賞:1名
  • 2007年 理事長賞:3名、理事長特別賞:該当なし
  • 2008年 理事長賞:2名、理事長特別賞:該当なし
  • 2009年 理事長賞:5名、理事長特別賞:該当なし
  • 2010年 理事長賞:6名、理事長特別賞:該当なし

理事長賞の受賞者が増えている一方で、理事長特別賞の「該当なし」が続いています。2011年の試験結果はもう発表されているので、理事長賞・理事長特別賞の受賞者も実質的に決まっているのだと思いますが、どうなるのでしょうね。

それにしても、過去の受賞者の方々の名前を見ていると、現在もアクチュアリー会で非常に活躍しておられる方が多いと感じます。これは、試験問題がアクチュアリーとしての能力を測るのに適切だということの証左のようにも思えます。

もちろん、優秀なアクチュアリーであるかどうかが試験の時点だけで結論づけられるものではないですが、理事長賞なんぞを取ることのできなかった人間は、そういう人達と伍していけるようにより努力しなければならない、ということなのでしょうね。
自戒を込めて(最近このフレーズ多い…)。

« Rによるアクチュアリーの統計分析(第2章) | トップページ | 受ける、とる、なる »

アクチュアリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554939/54085547

この記事へのトラックバック一覧です: 理事長賞、大館賞、理事長特別賞:

« Rによるアクチュアリーの統計分析(第2章) | トップページ | 受ける、とる、なる »

フォト
無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック