« 2013年6月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年7月

2013年7月22日 (月)

グローバルにシステム上重要な保険会社

7月19日、「グローバルにシステム上重要な保険会社」(Global Systemically Important Insurers; G-SIIs)が発表されました。

これは2008年の金融危機において保険会社も金融システムに重大な危機を及ぼす「システミック・リスク」を引き起こしうることが認識されたため、そのような保険会社にはより高い健全性を要求するものです。

このような金融機関のうち銀行(G-SIBs)についてはすでに公表されており、日本では三菱東京UFJ、みずほ、三井住友のいわゆる3メガが指定されています。

今回G-SIIsとして指定されたのは以下の9つの保険会社です。

  • アリアンツ
  • AIG
  • ゼネラリ
  • アビバ
  • AXA
  • メットライフ
  • 中国平安保険
  • 英プルーデンシャル
  • 米プルデンシャル

日本で展開している会社も多く見られます。前回のエントリで挙げた英プルーデンシャル、米プルデンシャルも共に入っていますね。

さて、このリストの中で、個人的には中国平安保険だけが違和感がありました。平安保険はほぼ中国(香港・マカオを含む)のみの事業展開だと思っていたので、「グローバル」ではないのでは、と思っていたのです。

しかし、このG-SIIsの選定基準は次のようになっているのでした。

  • 規模:5%
  • グローバル展開度:5%
  • 相互関連性:40%
  • 非伝統的保険・非保険的活動(NTNI):40%
  • 代替可能性:5%

パーセント表示は考慮するにあたってのウエイトです。すなわち、相互関連性(他の金融商品・金融機関と深く結びついているかどうか)や、非伝統的な保険商品を取り扱ったり、保険以外の事業のウエイトが大きいかどうかが重視されているのです。中国平安保険は傘下に銀行や投資顧問などを幅広く抱えており、その点が対象となったのだと思われます。

その意味では、G-SIIsは「保険会社」を選ぶプロセスではなく、「保険会社を中心とした金融コングロマリット」を選ぶプロセスなのだと理解したほうがよさそうです。

この点では日本の保険会社は多くが単一事業であり、しかも伝統的保険が中心であるため、このリストに入らないのも納得というところです。金融危機の際にAIGがクローズアップされたときも、「伝統的保険は金融危機と無関係」ということが頻繁に言われました。実際、AIGの解体の過程において、AIGが持っていた世界各国の保険事業はスムーズに売却に成功しています。

とはいえ、日本の保険会社も、海外展開を進めてきています。グローバルに活動する保険会社に対する監督規制のあり方についてはまさに国際的に議論されているところですので、G-SIIsに対する規制の議論が関わってくる可能性もあり、今後も要注目かと思われます。

2013年7月17日 (水)

ピーシーエー生命

Twitterを眺めていると、驚きのニュースが目に入りました。

SBIホールディングスが、英国プルーデンシャルの日本子会社であるピーシーエー生命を買収することに合意した、というものです。

ピーシーエー生命側の発表はこちら。

さて、以下はこの買収に関係した上記の会社について簡単に解説します。

英国プルーデンシャル

英国プルーデンシャルはその名のとおり、ロンドンに本拠をもつ保険グループであり、1848年創立です。アジアでも幅広く展開しており、日本以外にも韓国、香港、インド、シンガポールなどに進出しています。

いちいち「『英国』プルーデンシャル」、と書いているのは、別に「『米国』プルデンシャル」という保険グループがあるからです。この点については自分のtweetから。

ピーシーエー生命

今回譲渡の対象となったピーシーエー生命は、過去に何度か株主が変わっています。

1981年に米国コンバインド生命の日本支社としてスタートましたが、1990年にオリエントコーポレーションとエイオンコーポレーションとの合弁会社「オリエント・エイオン生命」に契約を包括移転します。翌年の1991年には合弁を解消し、オリエントコーポレーションの子会社として「オリコ生命」に社名変更。そして2001年にオリコから英国プルーデンシャルに譲渡がなされ、現在に至る、というわけです。

ちなみにピーシーエー生命は2010年2月から新契約の募集を停止しています。

SBIホールディングス

言わずと知れた北尾さんの会社。

保険との関連では、SBIは2008年にアクサグループおよびソフトバンクとの合弁で、ネット専業生保「SBIアクサ生命」を設立しています。しかし2010年には保有全株式をアクサに譲渡して合弁を解消しました。この際、SBIアクサ生命は「ネクスティア生命」に社名変更し、この5月からは「アクサダイレクト生命」になっていますね。

その後も生保の進出の機会は引き続き図っており、それが今回のピーシーエー生命買収となったようです。

ちなみに保険という意味では、SBI損保という損害保険会社をすでに所有しています。

それでは、簡単ながら取り急ぎということで。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年9月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック