« 書評:法の世界からみた「会計監査」 | トップページ | グローバルにシステム上重要な保険会社 »

2013年7月17日 (水)

ピーシーエー生命

Twitterを眺めていると、驚きのニュースが目に入りました。

SBIホールディングスが、英国プルーデンシャルの日本子会社であるピーシーエー生命を買収することに合意した、というものです。

ピーシーエー生命側の発表はこちら。

さて、以下はこの買収に関係した上記の会社について簡単に解説します。

英国プルーデンシャル

英国プルーデンシャルはその名のとおり、ロンドンに本拠をもつ保険グループであり、1848年創立です。アジアでも幅広く展開しており、日本以外にも韓国、香港、インド、シンガポールなどに進出しています。

いちいち「『英国』プルーデンシャル」、と書いているのは、別に「『米国』プルデンシャル」という保険グループがあるからです。この点については自分のtweetから。

ピーシーエー生命

今回譲渡の対象となったピーシーエー生命は、過去に何度か株主が変わっています。

1981年に米国コンバインド生命の日本支社としてスタートましたが、1990年にオリエントコーポレーションとエイオンコーポレーションとの合弁会社「オリエント・エイオン生命」に契約を包括移転します。翌年の1991年には合弁を解消し、オリエントコーポレーションの子会社として「オリコ生命」に社名変更。そして2001年にオリコから英国プルーデンシャルに譲渡がなされ、現在に至る、というわけです。

ちなみにピーシーエー生命は2010年2月から新契約の募集を停止しています。

SBIホールディングス

言わずと知れた北尾さんの会社。

保険との関連では、SBIは2008年にアクサグループおよびソフトバンクとの合弁で、ネット専業生保「SBIアクサ生命」を設立しています。しかし2010年には保有全株式をアクサに譲渡して合弁を解消しました。この際、SBIアクサ生命は「ネクスティア生命」に社名変更し、この5月からは「アクサダイレクト生命」になっていますね。

その後も生保の進出の機会は引き続き図っており、それが今回のピーシーエー生命買収となったようです。

ちなみに保険という意味では、SBI損保という損害保険会社をすでに所有しています。

それでは、簡単ながら取り急ぎということで。

« 書評:法の世界からみた「会計監査」 | トップページ | グローバルにシステム上重要な保険会社 »

保険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554939/57806612

この記事へのトラックバック一覧です: ピーシーエー生命:

« 書評:法の世界からみた「会計監査」 | トップページ | グローバルにシステム上重要な保険会社 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック