« 生命保険会社の内部留保 | トップページ | 書評:保険会社の「経済価値ベース」経営 »

2013年9月22日 (日)

「半沢直樹」での金融庁検査

大人気ドラマ『半沢直樹』、本日最終回を迎えてしまいました。その意味では手遅れ感の漂うタイトルではありますが、最終回を観る限り続編フラグ立ちまくりなのでエントリ上げることにしました。

このドラマについては視聴率の高さもあって、いろいろなところで記事やコラム、ブログエントリなどが見られますがが、金融専門雑誌「金融財政事情」の今週号(2013.9.23号)でも『「半沢直樹」にみる金融庁検査の虚実』という見出しで取り上げられていました。

(2013.9.27追記:「きんざいデジマガ」にこの記事が載っているのに気付いたので、リンク張りました)

まあ、当初からTwitterの金融クラスタでは、放送と同時進行でさまざまなツッコミが入っていたのですが、週刊金融財政事情の記事はその総まとめのようなものが、しかも真面目に語られており、笑いが止まりませんでした。中でも笑ったのは、金融庁検査に関係する資料を半沢が自宅に隠し(ドラマでは「疎開」と言っています)、それを金融庁が探しに行くというシーンについての次のくだり。

現実には金融庁の検査官が銀行の職員の自宅にまで出向くことはない。完全に任意であればどうかとも思われるが、検査官に確認したところ、「そもそも自宅にいくために職員に協力を求めることすらありえない」とのことだった。

いやあ、「検査官に確認したんかい!」と、思わず声に出してツッコミ入れそうになりました(ちなみに記事にも書いていますが、この疎開という行為は「検査忌避」に相当する犯罪行為です)。

で、つい、こんなツイートを。

しかし、冷静になってみると、実際、金融庁の方々にとっては忸怩たる思いを感じるドラマのかもしれないな、と思うところがあります。

というのも、このドラマの原作である「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」の単行本が発行されたのが、それぞれ2004年と2008年。つまり、ドラマの最初は、ほぼ10年前の話なわけです。原作者の池井戸潤氏が銀行に勤務していたのはもっと前になります。当然ながら、その頃とは金融庁のスタンスも大きく違うと思われます。

特に最近、金融庁は検査に対する方針を大きく変えています。その一つの例として、従来は1年間の検査の方針を「検査基本方針」として公表していたのを、今年度からはオンサイト・オフサイト一体のものとして「金融モニタリング基本方針」として公表するようになりました。それに関する金融庁のスタンスを端的に表す言葉が、麻生金融担当相の9月13日の記者会見に現れています。(太字は引用者)

(前略)こういった問題に的確に対応していくというためには、少なくとも今までのようなモニタリングと称する実態把握とか、検査とかいろいろやっていて、「金融処分庁」とかというようなありがたくない名前も頂戴していたわけですから、そういったものを抜本的に見直して、いわゆる「金融育成庁」というような意味で、少なくとも内容を、少し基本方針の内容というものをそういった方向で考えていかないといけないのではないかということで、私共としてはああいった基本方針を発表させていただいたというのが経緯です。

ドラマ「半沢直樹」で描かれている金融庁はまさに銀行の揚げ足を取る「金融処分庁」なので、そこから脱しようとしている金融庁にとっては、このドラマは「金融庁はイヤな奴らの集まり」みたいなイメージを植え付ける存在として、どうにも微妙に感じられたかもしれません。

大蔵省時代は金融機関と監督当局のコミュニケーションがあったのですが、それはノーパンしゃぶしゃぶのような歪んだ形の部分がありました。その反動もあって、その後は金融機関と監督当局のコミュニケーションがほとんどない状態が長く続いてきました。その結果、ミスコミュニケーションから生じる認識の食い違いが、お互いに過剰な反応を引き起こしてきた面がいろいろとあったように思います。そこが最近は再び修正されつつある状況になってきているのではないでしょうか。

当局から民間に転職した人がまた金融庁に戻るという人事も最近になって発表されました。

これをもって「民間の考え方を金融庁が聞こうとしている態度の表れだ」と即断するつもりはありませんが、風向きの変化は何か感じられるように思います。

« 生命保険会社の内部留保 | トップページ | 書評:保険会社の「経済価値ベース」経営 »

保険」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554939/58246299

この記事へのトラックバック一覧です: 「半沢直樹」での金融庁検査:

« 生命保険会社の内部留保 | トップページ | 書評:保険会社の「経済価値ベース」経営 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック