« 2015年3月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年4月

2015年4月 1日 (水)

2015年度 生命保険業界に起こること

今日から2015年度が始まります。そこで、2015年度の生命保険業界で予定されていることをまとめておきます。(予定といいながらこのエントリが公開される時点ではすでに実施されていることが含まれていますが、ご容赦を)

2015年4月1日:ING生命がNN生命に社名変更

ING生命はもともと「ナショナーレ・ネーデルランデン(Nationale-Nederlanden)」というオランダの生命保険会社の日本支店として発足しています。NNというのはその頭文字ですので、ある意味では昔の社名が復活するようなものかもしれません。

2015年5月1日:PCA生命がSBI生命に社名変更

PCA生命は英国のプルーデンシャルグループ傘下の会社でしたが、2014年2月から新契約の取扱いを停止していました。2015年2月にSBIホールディングスが買収したことに伴う社名変更です。まあPCAはPrudential Corporation Asiaの略ですから、買収したら社名変更するのは当然といえば当然ですね。

2015年7月1日:オリックス生命とハートフォード生命が合併

ハートフォード生命は米国のハートフォードの子会社ですが、2009年6月以降、新契約の取扱いを停止していました。2014年4月になってオリックスグループがハートフォード生命の買収を発表し、現在はオリックス生命の100%子会社になっています。買収→100%子会社化→合併、というのは他にも見られるケースで、例えば米国のプルデンシャルグループ(上のプルーデンシャルグループとは違います)はAIGスター・AIGエジソンの2社を買収した際、この2社をいったんグループ会社であるジブラルタ生命の100%子会社とした上で、後に合併しています。

2015年4月1日・2015年7月1日:標準利率改定

以前に何回かエントリとして書いた新しい標準利率制度の件です。

2015年4月1日以降の契約については一時払養老保険などの「第二号保険契約」に適用される標準利率が1%から0.5%に引き下げられることはすでに書きましたが、7月からは一時払終身保険などの「第一号保険契約」の標準利率も改定されます。こちらは1%から0.75%への引き下げです。機動的に標準利率を変更できるようにすることが改正の趣旨だっただけに、異次元緩和による金利低下の影響をモロに受けた感じですね。

今回の標準利率改定の対象となる商品は一部の一時払商品に限定されますし、平準払商品については2016年4月からの標準利率改定ということにはならなさそうです(少なくとも、2015年3月の10年国債応募者利回りが横ばいで続くとした場合には、改定はありません)。しかしここまでの低金利は生保にとってはツライです…なんとか早期に出口が見えてほしいものです。

« 2015年3月 | トップページ | 2015年11月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック