« 6月14日の金利 | トップページ | 偽サイトにご注意 »

2016年6月27日 (月)

Brexitによって保険規制はどうなるか

(このブログの記事はどれも個人的なコメントではありますが、今回のエントリもそうですので、念のためにあらかじめおことわりしておきます。)

英国が国民投票でEU離脱を選択してしまいました。残留派の女性議員の射殺事件以降はなんとなく残留優勢の雰囲気があったために楽観していましたが、いやもう驚きの一語です。

さて、このEU離脱によって保険業界的に気になるのは、「ソルベンシーⅡはどうなるのか?」ということでしょう。なんといっても今年の1月1日に施行されたばかりですし。

英国アクチュアリー会の発行する“The Actuary”に、このことに関する記事が早速載っています。

Brexit: UK insurers continue to be bound by Solvency II for now

記事の論調では、当面(英国が正式にEU脱退するまで)は大きな影響はないだろう、とされています。理由として、

  • EUソルベンシーⅡ指令に基づく法律が英国の法律として成立しているため、当面はその法律下の義務に服する
  • すでにかなりのコストをかけてソルベンシーⅡ対応を行なってしまった

といったことが挙げられています。

イングランド銀行および金融行為規制機構(FCA)も同様に、当面の変化はないこと・金融機関の健全性は金融危機時よりはるかに高まっていること、を中心とした声明を発表しています。

Statement from the Governor of the Bank of England following the EU referendum result

FCA: Statement on European Union referendum result

長期的な見通しについては「今後の英国とEUとの関係次第」とのことですが、上記“The Actuary”の記事にあるとおり、保険業界としてはEU市場へのアクセスの確保が要望されているようです。

ということで規制の面で短期間に急激な変化が生じることはあまりなさそうですが、気になるのは金融環境のほうです。今回の国民投票の結果により他のEU各国にも動揺が生じており、すでに「自国でも国民投票を」といった声が上がっている国がいくつかあるようです。英国もスコットランドの動向をはじめとして不安があり、このまま動揺が広がれば欧州危機のような混乱をもたらしかねません。

経済価値ベースのソルベンシー評価においては、経済価値が正しく評価できることが大前提となります。正しい経済価値が評価できない場合、経済価値ベース評価の代表選手であるソルベンシーⅡはもとより、日本でのソルベンシー規制の検討、さらに国際的な保険資本規制の枠組みであるICSにも影響するかもしれません。

規制動向そのものだけでなく、金融環境にも要注目の状況が続きそうです。

« 6月14日の金利 | トップページ | 偽サイトにご注意 »

アクチュアリー」カテゴリの記事

保険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554939/63834652

この記事へのトラックバック一覧です: Brexitによって保険規制はどうなるか:

» K2 Assuranceホームページリリースのお知らせ [海外投資アドバイザー 河合圭のオフショア投資ブログ]
K2 Holdingsの中に保険部門としてK2 Assuranceを設置してますが、その専用サイトがやっと出来上がりました。 ※サイトはこちら 投資と保険というのは同じ皆さんの「お金」を扱う上で、見え方を変えただけでもありますが、どうしても保険がいい人は保険(全体の90%)、投資がいい人は投資(10%)というふうに分かれてしまいます。けれど本当はどっちかじゃなくて、両方必...... [続きを読む]

« 6月14日の金利 | トップページ | 偽サイトにご注意 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック