« 今年観た映画(私的)ランキング | トップページ | 年頭挨拶 »

2016年12月31日 (土)

「長時間労働」批判について

年の最後にこんなエントリというのもどうかと感じてはいるのですが、やはりある意味で今年最大の話題だったとも言えますので、ぜひ触れておきたいと思います。

電通社員の過労自殺事件以降、違法な長時間労働に対する批判が止まりません。その意見のそれぞれがもっともではあるのですが、その解決策となるとどうにも釈然としないものを覚える、というのが私の今の感覚です。

そこで参考として、保険や銀行のような規制業種においてこのようなことが起こった場合(しかもその領域が当該監督当局の管轄下であった場合)にはどうなるかを考えてみます。

何らかの不祥事に対して監督当局が下す命令のうち主なものは「業務停止命令」と「業務改善命令」です。業務停止命令は業務の全面停止だけでなく、たとえば新契約に関する業務といったように、一部停止を命じることもあります。業務改善命令は、問題となった事象についうてどのように対応し、改善策をどのように施すかを改善計画として提出するものです(当然ながらその計画の履行状況も報告する必要があります)。

さて、今般話題になっている違法な長時間労働についてこのような対応を当てはめると、

  • 業務改善命令:違法な長時間労働をなくすための改善計画を提出させ、その計画の履行状況をモニタリングする。
  • 業務停止命令:違法な長時間労働がなくなるまで、一部または全部の業務を停止する。

といった対応になると思われます。

しかしこの場合において業務改善命令という方法は取り得ません。業務改善命令を下すのは、改善するまでは違法な長時間労働の状態を容認するということになるからです。

となると業務停止命令ということになるのですが、ではどの程度の期間、業務停止をすればいいのでしょうか。

長時間労働というのは、相当程度会社に根ざしたものです。電通の社長も、長時間労働について「風土」という表現を使っています。

長時間労働「『是』とする風土あった」…石井直社長が弁明 - 産経ニュース

このような「風土」を是正するのはちょっとやそっとの期間ではできません。本件と同列に論じてよいかは異論があるかもしれませんが、保険業界のいわゆる保険金不払いについても、業務改善命令が出されてから解除されるまでに3年かかっています。

業務改善命令を発出した生命保険会社10社の改善状況について

しかもこれは「業務改善命令」についてです。3年以上の業務停止というのは、行政措置としてちょっと想定できません。(3年間業務停止するのは企業の息の根を止めかねないため、破綻処理というより厄介な問題を背負い込むことになるという事情もあるのでしょうが)

となると、規制業種に対するような行政措置の枠組みを「違法な長時間労働」の問題に当てはめるならば、ある程度違法状態を容認しつつ是正状況をモニタリングする、という方法が思い当たります。

そこで「違法な長時間労働」の問題を考え直してみると、そこは「長時間労働である」ということに加えて、「労働時間に対する残業代が適切に支払われていない」ということがあることに気付きます。違法に労働している部分について残業代を支払っていれば会社が違法状態を認識していることになるため、会社がとる行動としてはある意味当然なのですが、これが問題を増幅(無理に合法状態にするか違法状態で残業代を払わずに開き直るかの二択しかない)にしているように思えるのです。

残業が風土だとすると、その是正には時間がかかることから、

  • 業務改善命令で長時間労働是正の計画を提出させ、
  • 計画達成までは長時間残業に対し残業代を適切に支払わせ、
  • 計画未達であれば業務停止を命じる

といった対応が現実的な気がするのです。業務改善計画とその達成状況を公表させるというのもありかもしれません。

12月24日にはNHKスペシャルで長時間労働について取り上げられていました。

NHKスペシャル | 私たちのこれから #長時間労働

これを見ていても思ったのですが、単に長時間労働をなくすための規制強化では、違法状態で開き直る企業や潜脱行為に走る企業を減らすことは困難に思われますし、何よりも多様な働き方という考えに逆行していることに「スジの悪さ」を感じます。副業も含めて働き方の自由度を高めるためには、労働時間規制自体よりも労働に対する対価の支払いの適正化のほうが良策に思えます。

« 今年観た映画(私的)ランキング | トップページ | 年頭挨拶 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554939/64701788

この記事へのトラックバック一覧です: 「長時間労働」批判について:

« 今年観た映画(私的)ランキング | トップページ | 年頭挨拶 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック