« 映画「ドリーム」 | トップページ

2017年11月13日 (月)

2018年4月の保険料率改定

11月9日・10日と、アクチュアリー会の年次大会がありました。その2日目のプログラムに、このブログでも以前にエントリとして上げた標準生命表の改定をテーマとしたプレゼンテーションがあったのですが(私はそこで司会をやってました)、標準生命表改定の検討を行なってきた標準死亡率調査部会の部会長によるプレゼンとあって、標準生命表導入の経緯や背景、その改定手続き、生命表作成に関する論点など、幅広くお話しいただきました。

生命表がテーマとして論じられることはやはり改定のとき以外はなかなか幅広くは行なわれないので、生保のアクチュアリーやアクチュアリー試験の受験生の方は必読かと思います。アクチュアリー会会員の方はぜひアクチュアリー会のウェブサイトから入手を。ちなみにアクチュアリー会の会員以外も、標準生命表2018の作成に関する資料は入手できます。

で、この標準生命表2018は来年4月から適用されるのですが、この改定を受け、団体保険の保険料率の改定が明治安田生命から発表されていますね。私の知る限り、標準生命表の改定を契機とした保険料率改定の発表はこれが業界初ではないかと思います。

これから来年4月に向けて、各社とも個人保険を含め保険料率の改定の検討(改定するかしないかを含めて)が進められると思いますので、要注目です。

なお蛇足ながら、標準生命表自体は保険料を決定付けるものではなく、あくまでも法定の標準責任準備金の計算基礎にすぎません。ただ、保険料は責任準備金を積み立てるための大きな財源要素の一つであるため、標準生命表が変わって標準責任準備金の水準が変わると、保険料率を変えることを検討する必要が生じる、ということです。マスコミなどでは標準生命表自体が保険料の計算基礎であるかのように書かれていることがありますが、そうではないので念のため。

« 映画「ドリーム」 | トップページ

アクチュアリー」カテゴリの記事

保険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554939/66034753

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年4月の保険料率改定:

« 映画「ドリーム」 | トップページ

フォト
無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック