« 2018年4月の保険料率改定 | トップページ | 映画「gifted/ギフテッド」 »

2017年11月24日 (金)

次の元号は何か

天皇陛下、19年4月末退位・5月1日改元へ 新元号18年にも公表

ということで新しい元号が来年にも発表される見通しですが、元号そのものを当てるのは難しいにしても、アルファベットぐらいは推測できるのではないか?と思い、ちょっと考えてみました。

現在の元号である「平成」を選定する際、他の候補として「修文」「正化」があったそうですが、これらは頭文字が「S」となり、昭和と同じになってしまうということもあって「平成」になったとのこと(Wikipediaより)。同じように考えると、過去の元号と同じアルファベットが頭文字になる元号は採用されないだろう、と推測できます。

では過去の元号の頭文字はどんなアルファベットだったのか?

ここでまたWikipediaに頼ってみます。日本の元号一覧にあるものの頭文字を集めてみると次のようになりました。

アルファベット適用数
A 6
B 16
C 11
D 4
E 28
F 0
G 15
H 11
I 0
J 21
K 66
M 8
N 6
O 8
P 0
R 4
S 26
T 34
U 0
W 1
Y 2
Z 0

※一つの元号に複数の読み方が掲げられているものは重複してカウントしています。

これを見ると、今までに使われていないアルファベットはF, I, P, U, Zの5つ、ということになります。ただし、Fはヘボン式では「ふ」の頭文字として使われる可能性があるものの、訓令式だとHになってしまって平成とかぶることから、実際にはI, P, U, Zの4つでしょうか。

…と、ここまででみなさんお気づきだと思いますが、現時点で元号の頭文字として使われている「M」「T」「S」「H」はすでに何度も使われているんですよね。「T」なんて34回も使われています。

そういう意味では、むしろ「過去によく使われていて、かつM, T, S, H以外」というのがありそうに思われます。そのように考えると、ダントツで使われている「K」が最も可能性が高そうです。

ということで、「H31.4.30」の翌日は「K1.5.1」ではないかと思いますが、どうでしょう?答えは1年半後に。

« 2018年4月の保険料率改定 | トップページ | 映画「gifted/ギフテッド」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554939/66081805

この記事へのトラックバック一覧です: 次の元号は何か:

« 2018年4月の保険料率改定 | トップページ | 映画「gifted/ギフテッド」 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック