« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

2017年に観た映画(私的)ランキング

さて、去年も書いたこのエントリ。誰得なのは百も承知で今年も備忘のため書いておきます。今年は、新作映画としては81本観たので、ランキングは81!通り(5×10120通り)となり、もはや見直す気力もありません。上位の方は後付けでちょっと直しましたが、まあ雰囲気程度のものだとお考えください。なお、リンクがあるのは鑑賞時にブログエントリとして載せたものです。

  1. ドリーム
  2. ベイビー・ドライバー
  3. gifted/ギフテッド
  4. バーニング・オーシャン
  5. 虐殺器官
  6. ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
  7. 新感染 ファイナル・エクスプレス
  8. ゴールド/金塊の行方
  9. マンチェスター・バイ・ザ・シー
  10. 三度目の殺人
  11. 劇場版 響け!ユーフォニアム 届けたいメロディ
  12. パトリオット・デイ
  13. ダンケルク
  14. 3月のライオン 後編
  15. ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦
  16. 百日告別
  17. 世界は今日から君のもの
  18. 夜は短し歩けよ乙女
  19. スパイダーマン ホームカミング
  20. LOGAN ローガン
  21. サバイバルファミリー
  22. 沈黙ーサイレンスー
  23. 否定と肯定
  24. 探偵はBARにいる3
  25. ラ・ラ・ランド
  26. 愚行録
  27. ショコラ 君がいて、僕がいる
  28. 幼な子われらに生まれ
  29. ヒトラーへの285枚の葉書
  30. セールスマン
  31. ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜
  32. 女神の見えざる手
  33. BLAME! ブラム
  34. 3月のライオン 前編
  35. サーミの血
  36. 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦
  37. しあわせな人生の選択
  38. 皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
  39. 甲鉄城のカバネリ 総集編 前編 集う光
  40. 彼女がその名を知らない鳥たち
  41. ワンダーウーマン
  42. 午後8時の訪問者
  43. ReLIFE
  44. ブルーハーツが聴こえる
  45. ザ・コンサルタント
  46. 甲鉄城のカバネリ 総集編 後編 燃える命
  47. ガールズ&パンツァー 最終章 第1話
  48. 散歩する侵略者
  49. ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章
  50. ヒトラーに屈しなかった国王
  51. ギフト 僕がきみに残せるもの
  52. エル ELLE
  53. ライフ
  54. ジョン・ウィック:チャプター2
  55. ちょっと今から仕事やめてくる
  56. 美女と野獣
  57. メッセージ
  58. ゴースト・イン・ザ・シェル
  59. アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発
  60. 僕と世界の方程式
  61. スター・ウォーズ/最後のジェダイ
  62. ブレードランナー 2049
  63. 雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
  64. 心が叫びたがってるんだ。
  65. 彼女の人生は間違いじゃない
  66. TAP THE LAST SHOW
  67. アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男
  68. ソウル・ステーション パンデミック
  69. きみの声をとどけたい
  70. 東京ウィンドオーケストラ
  71. 恋妻家宮本
  72. パッセンジャー
  73. パーティで女の子に話しかけるには
  74. 草原の河
  75. ハクソー・リッジ
  76. 全員死刑
  77. GODZILLA 怪獣惑星
  78. 追憶
  79. メアリと魔女の花

「光」が38位と77位にありますがこれは間違いではなく、38位のほうが河瀬直美監督の「光」、77位のほうが大森立嗣監督の「光」です。

今年観た映画を振り返ってみて、感想をいくつか。

  • 漫画原作の実写化はしばしば批判の対象となりますが、「3月のライオン」といい、「ジョジョの奇妙な冒険」といい、意外に悪くなかったように思います(ただし「鋼の錬金術師」を観たら感想が変わるかもしれません)。
  • 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」といい、「ブレードランナー 2049」といい、「GODZILLA 怪獣惑星」といい、大ヒット映画の続編的な作品は、私にとっては総じて残念な結果でした。前作からの期待が大きすぎたのか、そもそも私が期待していた方向そのものがズレていたのか…
  • 新作ではないので上のランキングには載せませんでしたが、今年劇場で観た映画の中で最も圧倒されたのは、原一男監督の「ゆきゆきて、神軍」でした。ベストとかワーストとかそういうランキングで収められないような作品で、まさにドキュメンタリーの真骨頂、すごい「圧」を感じる映画でした。

観た本数そのものが目的ではないので「来年は100本!」などとは言いませんが、来年も素晴らしい作品に数多く出逢えますように。

2017年12月14日 (木)

映画「gifted/ギフテッド」

フロリダのボート修理工フランク・アドラーのもとで育てられる7歳の女の子、メアリー。普通の女の子かと思いきや、彼女は数学に関して天才的能力を持つ「ギフテッド」でした。フランクは、天才数学者であった姉ダイアンの遺児であるメアリーを「普通の子供」として育てようとします。しかし周囲はメアリーの数学的才能を放ってはおかず、ギフテッド教育の充実した学校に転校させようとします。そして彼女の才能に最も執着する祖母イブリンとフランクとの間に、メアリーをめぐる親権争いの裁判が起こされます…

本作品ではメアリーの叔父であるフランクと、メアリーの祖母であるイブリンとの間の親権争いということで、親族関係がやや複雑ではあるものの、子供が男性の養育者になついており、かつ男性側が(特に経済的に)不利な条件での争いを強いられるという点では、親権争いの名作「クレイマー、クレイマー」のテッドとビリーを彷彿とさせるところがあります。

一方で子供が5歳の男の子だった「クレイマー、クレイマー」に対して本作「gifted/ギフテッド」は7歳の女の子ということもあって、養育者である叔父に対してませた口をきいたり、意見を言ったりする場面がしばしば見られます。このあたりはこの作品の醍醐味だと思いますのでぜひ劇場でご覧になってください。

「gifted/ギフテッド」はドラマとして十分に楽しめる作品になっていますが、このブログを読むような方に対しての魅力としてもう一つ「数学」というものが挙げられるでしょう。メアリーの亡き母ダイアンが挑戦していたのはミレニアム問題の一つナビエ・ストークス方程式であり、祖母イブリンがメアリーにミレニアム問題を説明する場面では、ポアンカレ予想を解いたグリゴリー・ペレルマンにも触れられます。ほかにも「トラハテンベルグ法」(ネタバレになるのであえてリンクは張りません)とか、さらにみなさんがおなじみの(本当におなじみの)式の証明にメアリーが取り組ませられる場面も現れたりして、いろいろとツボにハマります。

そして一番驚いたのは、エンドロールに数学面でのコンサルタントがクレジットされており、その中に2006年のフィールズ賞を受賞した「テレンス・タオ」の名前が! こういうところでプロフェッショナル、しかも超一級の数学者が参加するあたり、さすがとしか言いようがありません。(ちなみにコンサルタントの名前はたしか4人挙がっていたのですが、あとの3人が記憶に残ってません。ご覧になった方はお教えください。)

なお、映画自体はそれほど数学の内容に突っ込んだものはありませんし、数学を知らなくてもドラマとして十分に面白いです。フランク役のクリス・エヴァンス、メアリー役のマッケナ・グレイスの演技は本当に素晴らしいですし、フランクとメアリーの良き隣人として、先日ご紹介した「ドリーム」のオクタビア・スペンサーが出ており、これまたいい味を出してます。おすすめです。

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

フォト
無料ブログはココログ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック